チャリティーマラソン・走る意味は?《24時間テレビ》2021

24時間テレビ 未分類

毎年夏に放映されている日テレの24時間テレビ。

見どころの1つとなっているのが、チャリティーマラソンの企画ですね。

この24時間テレビのチャリティーマラソンには、「感動した」という声もあれば、「走る意味が分からない」という意見もあります。

2021年もまたチャリティーマラソンが開催されるのでしょうか?

そして、走る意味とは何なのでしょうか?

 

24時間テレビ2021・チャリティーマラソン開催?


2021年の24時間テレビの放映は8月21日(土)~22日(日)です。

チャリティーマラソンのランナーは直前にならないと発表されません。

このチャリティーマラソンは24時間かけて100km先の武道館を目指すというもの。

緊急事態宣言下での開催となりますが、すでにランナーは決定しているようです。

 

チャリティーマラソン・走る意味は?

まず、チャリティーマラソンは24時間テレビに限らず、日本各地でも開催されていますよね。

果たして、走る意味とは何なのでしょうか?

「東京チャリティーマラソン」について

例えば東京チャリティーマラソンであれば、ランナーとして参加する方が、大会から指定された

約40団体の中から自分の考えで選んだ団体に寄付を行います。

マラソンの参加費用みたいなものかな。

寄付は1,000円以上、1,000円単位で行うことが出来、ランナー以外の方でも寄付のみ行うことも

出来るようです。

確かに東京チャリティーマラソンの様な内容であれば、チャリティーマラソンを走る意味は分かりますね。

「淀川 寛平マラソン」について


24時間テレビのチャリティーマラソンの最初のランナーだった吉本興業の間寛平さん。

寛平さんは日本各地のチャリティーマラソンに参加もされていますが、自身でも大阪でチャリティーマラソンを開催されています。

吉本の芸人も多く参加していますが、恐らくノーギャラでしょうね。

そして「淀川 寛平マラソン」ではエントリー料として2500円程度を徴収していて、

その中から1人あたり100円を、産経新聞厚生文化事業団や日本財団に寄付しているそうです。

 

「24時間テレビ」のチャリティーマラソンについて

さて、本題の24時間テレビのチャリティーマラソンではどうなのでしょうか?

ランナーの方にはかなり高額なギャラが発生しています。

最初の間寛平さんで300万(神戸市に全額寄付されたという話があります)、最近は1,000万円以上のギャラが支払われていると言われています。

チャリティーという名前がついたマラソンでは、どこかの慈善事業団体に寄付をするというイメージがありますが…。

マラソンとして寄付を集めて、どこかの団体へ寄付をするということはないようです。

 

【24時間テレビ】のチャリティーマラソン・走る意味とは?

24時間テレビのチャリティーマラソンでは、ギャラとしてお金が発生しているけれども、直接的な寄付行為は行っていません。

有名人が走るということで注目が集まり、スポンサーからもCM契約料が多く見込まれることが特徴として挙げられるでしょうか。

視聴者に24時間もの間、マラソンの経過をお伝えすることで、ずっと見ていてもらい、視聴率を上げることで、スポンサーからのCM契約料を高くして収益を上げているのでしょう。

 


チャリティーマラソンでどこかに寄付を行うということではないので、この名称がややこしくて、誤解を与えている気がしますね。

まとめ

24時間テレビでは、募金、スポンサーからの契約料、グッズの売り上げなどで多額のお金が日本テレビに入っています。

皆さんの気持ちを踏みにじらないように、収支もしっかりと公表した上で、気持ちよくチャリティーマラソンを見ることが出来ると良いなと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました