柔道混合団体/男女メンバー・一覧!東京オリンピック新種目で注目

柔道混合団体メンバー 話題

2021年7月開催の東京オリンピックでは、新種目として「柔道混合団体」の競技が行われます。

男子のみの団体戦、女子のみの団体戦はありましたが、男女混合での団体戦が初めて開催されたのは、2017年の世界柔道選手権からです。

オリンピックでは今回の東京で初めて開催されるのです。

柔道混合団体は男女3名ずつのメンバー、合計6名による団体戦となります。

東京オリンピックでの柔道混合団体競技への出場メンバーとルールはどのようになるのでしょうか?

 

【柔道混合団体】東京オリンピック・男女メンバーは?

まずは、男子メンバーからチェックしていきましょう!

男子メンバー 3名

男子の階級は73㎏、90㎏、90㎏超となっています。

大野 将平・73Kg

山口県出身

内股や大外刈りが得意。

リオオリンピックで金メダルを獲得。

今回の東京オリンピックでも連覇の期待がされています。

 

向 翔一郎・90Kg


富山県出身

内股や背負い投げが得意。

キックボクシングの経験もある。

2018年の世界選手権では団体メンバーで金メダル、2019年では個人で銀メダルを獲得しています。

東京オリンピックでの金メダルに期待がかかっています。

 

ウルフ アロン・90Kg超


今大会、とても好調。

すでに 100キロ級で金メダルを獲得。

 

女子メンバー 3名

女子の階級は57㎏、70㎏、70㎏超となっています。

芳田 司・57Kg


京都府出身

内股が得意。

2018年の世界選手権で金メダル、2019年で銀を獲得。

新井 千鶴・70Kg


埼玉県出身

内股や大外刈りが得意。

2017年2018年の世界選手権で優勝

素根 輝・70Kg超


福岡県出身

体落としや大内刈りが得意。

2019年の世界選手権ではロンドン五輪の金メダリストを破っての優勝。

金メダルへの期待がかかります。

開催日・7月31日(土)

柔道混合団体が行われるのは、7月31日(土)です。

是非応援しましょう!!

【柔道混合団体】現在までの世界選手権の結果は?

2017年から開催されている柔道混合団体ですが、2017年、2018年、2019年といずれも日本が優勝しています!!

これは金メダルの期待が大きくなりますよね。

まとめ

オリンピックでは初種目となる柔道混合団体ですが、世界選手権での3連覇もあり、金メダルへの期待が高まっています。

選出メンバーは誰になるのか、こちらも楽しみになっています。

無観客試合となってしまいますが、画面を通じて熱い応援を届けたいですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました