【柔道混合団体】ルール解説!東京オリンピックの新種目で注目!

話題

東京オリンピックでは新種目となる、柔道混合団体が行われます。

柔道混合団体とは?

始めて聞く方も多いかもしれませんね。

男子3名・女子3名の合計6名が出場し、金メダルを狙います。

新種目ということで、是非ともルールを確認してみましょう!

 

【柔道混合団体】ルールは?

柔道団体のルールは、実施階級が決まっていて、同じ階級の選手同士の戦いが行われます。

また、男子は男子選手との試合、女子は女子選手との試合になります。

試合の順番は、その時の抽選により決定するそうなので、緊張感が漂いそうですね。

実施階級

【男子】                                        73Kg級                                          90Kg級                                      90Kg超級

【女子】                                            57Kg級                                          70Kg級                                               70Kg超級

勝敗ルール

階級別に6試合が行われ、4勝先取(先に4勝した方の勝ち)になります。

3勝3敗になった場合は、試合結果によりポイントが定められていて、その合計ポイント、または勝利数によって勝敗が決定します。

★一本勝ち(不戦勝も含む)…10点
★技ありによる優勢勝ち……… 1点                         ★指導差による勝利…………… 0点
すなわち、3勝3敗の場合は1本勝ちなどのポイントが高い勝ち方をしたチームが勝利することになりますね。

同点になった時は?

6人が戦っても、同点になった時はどうなるのでしょうか?
なんと、その場で抽選が行われて、選ばれた階級の選手が再度戦うことになるのです。
選手としては、体力的にもキツイですよね。
もう壮絶な精神力の戦いになりそう…

勝敗が決した段階で試合終了?

全ての選手が試合を終える前に、前のメンバーで既に勝敗が決まってしまった場合は、その後の試合は行われません。

勝敗が決した段階で、試合終了となります。

 

開催日・7月31日(土)

柔道混合団体が開催されるのは、7月31日(土)です。

是非応援しましょう!!

【柔道混合団体】現在までの世界選手権の結果は?

2017年から開催されている柔道混合団体ですが、2017年、2018年、2019年といずれも日本が優勝しています!!

これは金メダルの期待が大きくなりますよね。

まとめ

オリンピックでは初種目となる柔道混合団体ですが、世界選手権での3連覇もあり、金メダルへの期待が高まっています。

選出メンバーは誰になるのか、こちらも楽しみになっています。

無観客試合となってしまいますが、画面を通じて熱い応援を届けたいですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました