《清津峡トンネル》事前予約ないと入れない?2021秋・予約開始!

清津峡トンネル お出かけスポット

フォトジェニックな写真が撮れるということで、最近話題になっている「清津峡(きよつきょう)トンネル」。

以前から、行ってみたいと思っていたのですが、本日(8月16日)のヒルナンデスの放映で、

旅のプロに絶景スポットアンケートを行った結果、上位9位に、清津峡渓谷トンネルが

選ばれていました^^

 

益々、行きたい気持ちが抑えられず、なんとなくネットで見ていたら…

事前予約が必要との情報も散見したので、状況を調べてみました。

 

何も知らず事前予約なしで行ったら、トンネルに入れないところでした^^;

フォトジェニックな写真にする方法なども入れてますので、参考になれば嬉しいです。

 

事前予約について

まずは入場情報について

入場料

清津峡渓谷トンネルの入坑料

大人(高校生以上) 800円
小・中学生 400円
6歳未満 無料

繁忙期には事前予約が必要

通常の時期は、事前予約は不要です。

ただし、繁忙期には入場制限のため事前予約が必要となります。

2021年では

・4月29日~5月9日(終了)

・7月22日~8月15日(終了)

・10月23日~11月7日

となっています。

秋の予約は8月20日から開始されます。

紅葉の季節も、とても映えるのでしょうね。

入坑時間

通常の入坑時間

8:30~17:00(最終入坑は16:30)

 

繁忙期には、入坑時間が4回に分けられていて、この時間帯で予約を取ります。

①8:30~10:30

②11:00~12:30

③13:00~14:30

④15:00~16:30

予約した各時間内であれば、いつでも入坑可能です。

入坑後は、時間制限はないそうなので、思い描くような写真を撮りたいですね。

事前予約の取り方

●公式ホームページ

●セブンイレブンのマルチコピー機

のいずれかになります。

事前予約の詳細は公式ホームページ「チケット販売開始」ページでご確認下さいね。

 

フォトジェニックな写真にするなら

この記事を書くにあたって、清津峡で撮影された沢山の写真を見ました。

私個人的な意見ですが、人が居ない写真よりも、人が居た方が良い感じなのでは?と感じました。


上の写真なんて、景色がとってもきれいで、上手に撮影されてるなぁと思います!


ただ、この方もツイートされてますが人がいてる方が、より映えるような気がしませんか?


どうでしょうか?

 

しかも、私の好みでは少し動きがあると更に良いなぁと感じました。

この記事のアイキャッチ画像にもなってますが、少し歩いた状態で撮影するのも良さそうですよね?

トンネル写真1

 

あと、ポイントは水面を写真の真ん中に合わせることで、上下が同じように写って、より神秘的な感じになりますよ!

まとめ

次の旅行はココかな^^

最後まで読んで下さったあなたにも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました