舞茸は冷凍保存で栄養がアップする?保存方法や調理方法に関するまとめ!

舞茸保存方法 食生活

昨今、テレビや雑誌でダイエットに効くと取り上げられることも多い「舞茸」ですが、

冷凍保存できると便利ですよね!

どんな方法で舞茸を冷凍保存すると良いのでしょうか?

舞茸を冷凍した時の栄養価や、調理方法に関しても気になるので調べてみました。

 

舞茸は冷凍保存できるの?

答えは、出来ます!

冷凍での保存は1か月程度を目安に使い切りましょう。

では冷凍方法や、冷凍した時のメリット・デメリットも見てみましょう。

舞茸を冷凍する方法

方法はとっても簡単!

舞茸の石づきと呼ばれる軸を切り落とし、

手で軽く小房にほぐしてから冷凍保存用の袋へ入れます。

空気を抜いて冷凍庫へ。

 

この時、水洗いしないように気を付けて下さいね。

きのこ類は水で洗うと水溶性の栄養素が流れ出てしまいます。

気になる汚れがある時は、キッチンペーパーなどで拭いて下さいね。

 

舞茸を冷凍するメリット

冷凍することにより、細胞壁が壊れ、うま味と栄養価がアップすると言われています。

また、味が染み込みやすくなったり、火の通りも早くなるので調理時間が短くなります。

大量に購入しても、冷凍保存が出来ると助かりますよね。

 

舞茸を冷凍した時のデメリットは?

解凍した際に栄養成分が水分と一緒に溶け出してしまうので、溶け出た水分と一緒に接種するように心がけたいですね。

そのため、解凍せずに冷凍のまま調理するのがおすすめです!

 

また色が悪くなるというデメリットはあります。

舞茸の栄養は?


キノコキトサンは、中性脂肪を減らす効果があり、しかも脂肪吸収も抑制してくれる栄養素です。

βグルカンという栄養素は、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

 

やはりダイエットに向いてる食材ということになりますね。

舞茸は冷凍保存で栄養アップする?保存方法や調理方法のまとめ

舞茸が冷凍出来るとは知らなかったのですが、他のきのこもスライスして

最近は冷凍庫にお手製の「きのこミックス」を常備しています。

手軽に使えて便利ですよ。

良かったら試してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました