北京2022|スキージャンプ混合団体!ルールや日程やメンバーは?

スキージャンプ混合団体 未分類

北京オリンピック2022が開幕しました。

北京2022から7種目が新種目として採用されています。

その1つに「スキージャンプ混合団体」があります。

混合団体とは、どのような内容になるのが注目していきたいと思っています。

 

「北京2022|スキージャンプ混合団体!ルールや日程やメンバーは?」と題して、スキージャンプ混合団体のルールやメンバー、そして金メダルの可能性なども探ってみたいと思います。

スキージャンプ混合団体:ルール

メダル

スキージャンプ混合団体のルールはいたってシンプル。

  • スキージャンプ混合団体は、男女2人ずつ、合計4人を1チームとする
  • それぞれ4人がジャンプを行い、その合計点により勝敗が決まる

これだけです。

 

ただ、もう少し詳しく解説すると…

  • ラウンドトライアルと、本戦として「ラウンド1」と「最終ラウンド」が行われる
  • ジャンプの順番はゼッケンで色分けしている
  1. チーム内の4人が、夫々異なる色のゼッケンを付ける。例えば赤、緑、青、黄とする。
  2. 赤のゼッケンをつけた各国の選手がジャンプを行う
  3. その後は緑色のゼッケンを付けた選手が飛ぶ。
  4. これを青、黄色とすすめる
  • 本戦の「ラウンド1」において、上位8位までの国が次の「最終ラウンド」へ進める

 

上位8位までには入るので、最終ラウンドまでジャンプを3回楽しめそうですね!

スキージャンプ混合団体:競技日程

競技日程

スキージャンプ混合団体の競技日程は2月7日(月)です。
  • 18:28~ 混合団体 競技ラウンドトライアル
  • 19:45~ 混合団体 ラウンド1
  • 20:51~ 混合団体 最終ラウンド

 

時差を感じずに応援出来るのが有難いです。

しっかりと応援したいですよね♪

 

スキージャンプ混合団体:メンバー

日本国旗

スキージャンプ混合団体はメンバーも気になりますね。

高梨沙羅や今季好調を維持している小林陵侑は確定でしょうか?

残りの2枠は果たして?

まだ発表になってませんが、以下の出場選手の中から選ばれます。

 

(追記:2022.2.7)

6日にメンバーが発表されました。

混合団体への出場メンバーは、金メダルを獲得した小林陵侑選手、個人で32位の佐藤幸椰選手

そして女子では個人4位の高梨沙羅選手、13位の伊藤有希選手。

この4人が挑むことになりました。

特に高梨沙羅選手は個人は期待されながらもメダルには届かなかったので、メダルを獲ってもらいたいですね。

男子スキージャンプ出場選手

ジャパン

男子の出場選手

  • 小林陵侑
  • 佐藤幸椰
  • 中村直幹
  • 小林潤志郎
  • 伊東大貴

女子スキージャンプ出場選手

女子の出場選手

  • 高梨沙羅
  • 伊藤有希
  • 岩渕香里
  • 勢藤優花

過去の成績

各国の旗

スキージャンプ混合団体は五輪では初めての採用となりますが、2013年の世界選手権においても採用され、高梨沙羅が出場して金メダルを獲得しています。

そう、初代王者となっているのですよ。

しかしその後の成績としては、

  • 2015年 世界選手権 3位 (1位はドイツ)
  • 2017年 世界選手権 3位 (1位はドイツ)
  • 2019年 世界選手権 5位 (1位はドイツ)
  • 2021年 世界選手権 5位 (1位はドイツ)

 

近年はドイツが4連覇中と、厳しさも経験しているようです。

北京2020では、是非ともオリンピック初代王者を目指して欲しいですね!

まとめ

北京2020での新種目となっている、スキージャンプ混合団体の日程が迫っていますね。

高梨選手は個人での金メダルを期待されながらも、そのプレッシャーからか獲得には至っていません。

今回の北京五輪では、団体種目が採用されたということで、個人と団体の2種目に出場して、金メダルを2つ獲得するチャンスが出来てきました。

日本から応援を届けたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました