スーツ規定違反とは?高梨選手の失格はスタッフのミスだった!

スーツ規定違反 話題

北京2022のスキージャンプ混合団体でスーツ規定違反が続出した。

高梨沙羅選手のスーツ規定違反とは、どういう事なのでしょうか?

 

「スーツ規定違反とは?高梨選手の失格はスタッフのミスだった!」と題して、現状分かっていることを調べてみた。

スーツ規定違反とは?

日本国旗

高梨選手は個人戦の時と同じスーツを使用していたのに、混合団体では失格となってしまった。

国際スキー連盟の規則では

直立姿勢でスーツ寸法はボディ寸法と一致しなければならず、最大許容差はすーつのあらゆる部分においてボディに対し+3cm(女子は4cm)とする

となっているが、今回の高梨選手の場合は、太もも周りが規定よりも2cm大きかったということで、スーツ規定違反と判断された。

 

高梨選手の失格はスタッフのミスだった

スキージャンプの選手は、チームスタッフが準備したスーツを着用して競技に出場している。

スーツ規定違反となったスーツも、当然、スタッフが準備したものを高梨選手は信用して着用した。

しかし、今回のような事態になってしまった。

 

どうしてミスがおきたのか?

高梨選手は、個人戦と同じスーツを着用していたのに、どうしてこんなミスがおきたのでしょうか?

横川ヘッドコーチの話として

太ももの場所が2センチ大きかった

僕らスタッフのチェックミスです

(規定違反になったのは)個人戦と同じスーツ

普通は試合前にウエイトトレーニングをしてサイズが合ってくるが

思ったより合ってこなかった

寒さ・標高もありますし(原因は)そんなところじゃないか

本人は泣きながら2本目を飛んだと思う

とのことでした。

 

スーツ規定違反が続出

高梨選手のスーツ規定違反に続いて、他の3か国の強豪国でも同様にスーツ規定違反が続出した。

日本、オーストリア、ドイツ、ノルウェーという強豪国ばかりである。

他の記事でも紹介したが、ドイツは世界選手権4連覇中で優勝候補でもあった。

 

10か国中の4か国、5人が失格。

この事態に一部のチームからは、おかしいのではないかと怒りの声も上がっている。

強豪国ばかりの失格に、競技として成立していないのではないでしょうか。

 

まとめ

スーツ規定違反となり、一時は最下位となった日本だったが、高梨選手の涙の2本目、小林陵侑選手を始めとする他のメンバーの頑張りもあって、メダルが届くかもしれないというところまで追い上げた。

とても悲しい不運だとは思うけれど、しっかりと顔を上げて帰国してきて欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました